古来人間は山道を整備し、木を間伐して森を手入れすることによって森との健全な関係を保ってきました。ところが近年、日本の森は放置され、手入れが行き届かないために、木々の健全な成長が阻害され、結果としてCO2の吸収量も低下しています。

御嶽山と中央アルプスの間に位置する木曽地方の森は、樹齢数百年の天然ヒノキを多数育み、長年良質の木材を供給しています。中京圏の生活・産業を支える水源の森でもあります。

そこで、NPO法人ガイア・イニシアティブは、王滝村とパートナー協定を結び、まず、日本のほぼ中央に位置する長野県木曾地方の森を守ることから始めます。

王滝村の村有林は2,600haの広さを誇ります。下草刈りや間伐などの適切な森林整備が行き届いていないので、木々の成長が阻害され、十分なCO2の吸収ができておりません。


適正な整備を行うことでしっかりとCO2を吸収する森にすることができます。(日本には整備されるのを待っている森が20万haあるといわれています!)

「王滝村+1の森」として、村有林2,600haの森林整備を目指します。もう一度、人間と森の健全な関係を取り戻すためのライフスタイルを提案すると共に、CO2吸収量の増加に取り組んでいきたいと考えています。

王滝村では平成25年度より総務省の地域おこし協力隊としてガイアメンバーが移住し、村づくりの様々なプロジェクトに携わっています。詳しくは王滝村地域おこし協力隊のブログを御覧ください。

+1の森でトレッキングや間伐体験などが楽しめるツアーに参加して、森と一緒にみんなも元気になろう。

+1の森体験ツアーの詳細

王滝村の四季折々の風景をご紹介します。
写真を通して、王滝村を感じてください!

村情報の詳細